『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』宿泊レビュー!疲れないUSJの楽しみ方ガイド付き

大阪駅・梅田・大阪ベイエリア

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(通称USJ)のオフィシャルホテルの中で比較的宿泊費が安く、しかもUSJまで徒歩1分という好立地の『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』に泊まってきたのでレビューします。

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』はUSJの最寄駅「ユニバーサルシティ駅」とUSJの間に位置しており、USJに入場する前と後もパークの雰囲気をそのまま楽しめる夢の国のホテルでした。

こんにちは、大阪在住だけど大阪のホテルに泊まって朝ごはんを食べるのが趣味なビー玉夫婦が実際に泊まってよかったホテルを紹介するブログです。

本日は、『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』宿泊レビューのほかに大人世代のUSJの楽しみ方、格安の駐車場情報なども紹介します。疲れないUSJ+大阪観光の参考にしてもらえると嬉しいです。

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』 概要&宿泊費

宿泊日 2024年1月8日(祝・月)〜9日(火)
宿泊者 夫婦二人
客室タイプ カジュアルツインルーム(21㎡)

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』の概要
ラウンジ無料サービスなし
大浴場なし
館内着ワンピース
朝食和洋ビュッフェ
チェックイン/アウト15:00/11:00
駐車場あり(有料 1泊3,000円)
最寄駅JRユニバーサルシティ駅から徒歩2分
住所〒554-0024 大阪市此花区島屋6-2-68
TEL: 06-6465-6000

USJができたばかりの頃、まだそれほど混在していなかった時代に年間パスを持っていたんですけどね、もう20年くらいご無沙汰だったので、久しぶりに行ってみたいなと思いホテル料金と睨み合うこと1ヶ月。

ついに見つけた黄金のチャンスDay♪

・宿泊費が安い日
・USJのトワイライトチケットが買える日
・USJの閉園時間が長い日

ビー玉
ビー玉

トワイライトパスとは15時以降からUSJに入園できるチケットです。後ほど詳しく説明します。

この日しかないと思って予約したのは3連休と学校の冬休み最終日の1月8日。クリスマスイベントの最終日でもあったので冬だけど閉園時間は長めの21時(この時間は最終入園時間なのでプラス1時間の22時が本当の閉園時間です)。

しかもiPhone本体を楽天モバイルで契約した時にもらったポイントの使用期限が迫っていたので楽天ポイント全部投入して楽天トラベルで予約しました。

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』の宿泊費(2人分)
通常宿泊費20,000円
楽天ポイント−19,000円
宿泊費 20,000円(実質宿泊費1,000円)

USJのオフィシャルホテルを1人1万円(朝食込み)の予算内に予約できたのはホテル代急騰の今となってはラッキーと言えるでしょう。

▼宿泊料は時期によって変わるので各種サイトでご確認ください

USJから徒歩1分のオフィシャルホテル。USJの世界観をホテルでも楽しめる

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』宿泊レビュー

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』のチェックインは15時。USJ近くの駐車場(駐輪場)は高いのでJRユニバーサルシティの2駅離れたJR西九条駅の近くにバイクを駐車して電車で到着。

20年前にUSJの年パスを持っていたので、USJには何度も来園しているもののいつも車で来ていたのでユニバーサルシティ駅は初めてです。電車の乗客がほぼ全てUSJのゲストという独特の雰囲気があり、これから楽しい場所へいくんだという高揚感で電車全体が包まれていました。

ユニバーサルシティ駅からUSJまではユニバーサルシティウォークというショッピングエリアがあるので、そこでご飯を食べようとチェックイン時刻の1時間前には到着。本日宿泊予定の『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』もこのシティウォークの中にあります。

お土産屋さんも飲食店もたくさんあって見所は多いのですが、ここで疲れてしまっては本末転倒なので、ご飯を食べたあとは早めの14:30にホテルのロビーで座ってチェックイン時間を待とうということになりました。

ホテルのコンセプトがセサミストリートなのでキャラクターたちがお出迎えしてくれました。

他のホテルはミニオン推しのところが多いので「ミリオン?ミニオンってどちら様?」という世代に優しいホテルです。

宿泊日は1月だったんですけどね、USJでは1月8日までクリスマスイベントが行われているので、年が明けているにもかかわらずエルモたちもまだクリスマス仕様です。1ヶ月くらい過去に戻ったみたい。

チェックイン

ホテルのロビーでソファに座って待つはずだったんですが、すでにチェックイン待ちの宿泊者で溢れかえっておりまして、とても座れる状態ではなかったんですよ。なので、外のカフェでお茶でもして待とうかなって思ったら

「早めにチェックインを開始します」とのこと!

早くホテルに来てよかったぁ。予定よりも30分も早くチェックイン開始です。

代表者だけが列に並んでチェックイン手続きをしていきます。並んでる間に宿泊者限定のプレゼントももらいました。

プレゼントはセサミストリートのクーポンケース。これを首にかけているとシティウォークで様々な特典を受けることができるので、忘れずに首にかけておきましょう。

チェックインは感動するほど手際がよく、すでに登録済みの住所や名前をチェックしてタブレットにサインするだけです。チェックイン待ちの列ができていようともスルスルと終わっていきます。

部屋に荷重を置いて再びフロントに降りてきた時にはチェックイン待ちの列は完全に解消されていました。

カードキーは人数分もらえました。セサミストリートのキャラクターが印刷されていて可愛かったんですが、写真を撮り忘れました。

お子様用のアメニティ(歯ブラシセット、スリッパ、部屋着)はフロント横にあります。必要な方はピックアップして部屋へ向かいます。大人用のアメニティは部屋にありました。

カジュアルツインルーム(21㎡)ルームツアー

エレベーターは全部で4基。扉が開くと思わず「眩しい」って声が出てしまうくらい明るくてポップです。扉が開く時は光撃注意です。4基それぞれ色が違ってましたよ。

今回、私たちの部屋は11階です。

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』の構成
6階〜24階 客室
5階 ご飯処「大戸屋」、ファンクションルーム
4階 レストラン「イーポック」、ファンクションルーム
3階 フロント、自動販売機、バゲッジルーム
1階 駐車場、バゲッジルーム、ランドリールーム

階によってテーマカラーは違うようなのですが、私たちの部屋のある11階はオレンジでした。ビタミンカラーって元気が出る色ですよね。

では、ドアオープン♪

最近はカードキーを指定の場所に差し込むと部屋の電気を使えるようになる節電タイプのホテルが多いですが、こちらはカードキーを使うことなくライトを点けることができます。部屋の中も廊下と同じオレンジ色。

部屋は二人で泊まるのに一番安かったカジュアルツイン(21㎡)。パークビューではないタイプです。

ドアを開けた時の第一印象は「広い」でした。私たちが泊まるコスパ重視のビジネスホテルだと16〜18㎡が多いので、21㎡のツインルームはとても広く感じます。

⚫︎ベッド周り

ベッドは嬉しいツイン。マットレスはシモンズ社と共同開発したホテルオリジナルで沈み込まない程度の適度な柔らかさです。

ベッドの上には室内着。前ボタンのワンピースで身長151cmの私はふくらはぎ丈、172cmのビー玉夫は膝丈でした。

とても柔らかい綿っぽい素材で肌触りは抜群ですが、ワンピースなので寝ているうちにどうしてもめくれ上がってきます。気になる方はレギンスなど下に履くものを持参したほうがいいかも。

両ベッドサイドにはAC電源コンセントとUSBポート、そしてUSB-Cポートがありました。『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』はオフィシャルホテルの中では一番古く2001年の創業ですが、2023年にフルリフォームしたので、設備は新しくなっています。

テレビはベッドの正面です。インチ数は確認できませんでしたが、推定48インチ。YoutubeやNETFLIXが見られるスマートテレビです。

テレビの下の棚にはテレビに繋がっているHDMIポートとAC電源コンセントがあります。Amazon Fire TV Stickやビデオを使う人にはテレビの後ろ手探りでHDMIポートを探さなくてもいいのが嬉しいですよね。

ビー玉
ビー玉

Amazon Fire TV Stickとは、テレビの HDMI端子に差し込むだけで、テレビで動画配信サービス(VOD)やYoutubeなどのインターネットコンテンツを利用できる器具です。

黒い表紙はホテル規約だと思ったら鏡でした。明るい場所でメイクできるのでありがたい。

⚫︎リビング部分

部屋の奥には机と椅子があり、ご飯を食べたりお茶を飲んだりとくつろげるようになっています。

棚の上にはマグカップとガラスのコップ、インスタントコーヒーとほうじ茶のスティックもあります。

電気ケトルは象印製です。水を沸かすだけでなく1時間ですが保温もできます。保温ができる電気ケトルって珍しいですよね。これは家でも欲しい。

冷蔵庫は2Lのペットボトルが縦に置ける仕様です。

棚の一番下は金庫です。

壁際の有孔ボードにはWELCOMEの文字がありほっこりしました。ボタンの差し替えはできませんが、カバンをかけたりできたので何気に便利でした。

空気清浄機はシャープ製。右横の容器を外して水を入れると加湿もしてくれます。

クローゼットはオープンタイプ。驚いたのがハンガーの多さです。ハンガー3本、ボトムクリップが付いたハンガーが3本、お子様用ハンガーが2本の合計8本。コートがある冬でも二人なら十分な本数です。

消臭スプレーは高級感のある良い香でしたよ。

クロゼットコーナーの下には折りたたみのバゲージラック、使い捨てのスリッパ、靴べらがありました。靴べらはもう少し長さが欲しいかな。

スリッパが黄色で可愛い。ふかっとした足触りで履き心地ももよかったです。クローゼットの横には大きな姿見があり、動線バッチリで使いやすい部屋。

パークビューじゃない部屋の窓からは何が見えるのか気になりますよね。見えるのは日本製鉄の大きすぎる工場です。個人的には工場萌えなので、これはこれで見応えがありました。

⚫︎水回り

水回りは洗面所、トイレ、お風呂の3点ユニット。ビジネスホテルによくあるタイプより少し広めです。

お風呂は151cmの私が座ってギリ足を伸ばせるサイズ。シャワーの水量は勢いが強く申し分なし。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープはPOLA社のもの。髪がつるんとツヤ感ある仕上がるタイプです。

ボディタオルではなく、圧縮されたスポンジがありました。洗いやすくはないけど可愛いのでヨシとします。

ドライヤーはパナソニック製。風量はそこそこ、セミロングくらいならストレスなく乾かすことができます。

洗顔料はPOLAのハンドソープと一緒になったもの。クレンジングはなかったです。

フロントで300円でPOLAのスキンケアセットが販売されていたので、荷物をすこしでも減らしたい方はフロントでスキンケアセットを買ってもいいかもしれません。 

部屋のアメニティはカミソリ、コットンとヘアゴムセット、歯ブラシセット、ヘアブラシ。セサミストリートの袋に入ってるのが可愛くて使いたくなかったです(使ったけど)。

トイレは温水便座付きです。音は少々響きます。気になる人もいるかもしれません。

フルリニューアルされた部屋に泊まったんですが、水回りはリフォームされたわけではないようで古さを感じました。

タオルは今治製。今治タオルが大好きなので、これは嬉しい。ふんわりと柔らかくて吸水力も抜群です。

フロントでの無料貸し出し品】
ズボンプレッサー、アイロン、アイロン台、ブラシ付きドライヤー、体温計、爪切り、栓抜き、ベッドガード、ベビーベッド、シャワーキャップ、携帯充電器、マルチアダプター、靴乾燥機、トング、Nintendo Switchドック等3点セット

⚫︎ホテル設備

ひと通り部屋を物色したので、USJへ行く前にホテルを散策しました。

製氷機は奇数階に1台ずつ設置されています。

3階のフロント奥に自動販売機コーナーとロッカーがあります。

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』ではチェックイン前もチェックイン後も荷物の預かりサービスがありました。USJにもロッカーはありますが有料なので、ホテルに泊まるならホテルのロッカーを使わないと損です。フロントで専用コインをもらえるので、荷物が多い方はぜひ利用してください。

圧巻だったのは自動販売機の種類の多さ。

アルコールはビールだけでなくチューハイも販売されていて、ちょっとしたおつまみや夜食まで。ローソンやセブンイレブンも近くにありますが、コンビニに行かなくてもここの自販機だけで十分事たりそうです。

給水機があるのも嬉しいです。ただ給水できるのはマイボトルを持参している方限定になります。

自販機コーナーには電子レンジも2台設置されていました。お箸も置いております。

ランドリーコーナーは1階です。利用料は1回400円、洗剤は自動投入タイプです。乾燥機は30分100円です。洗濯機の利用料は少々高めかな。

駐車場のある1階にもたっぷりのロッカーがありましたよ。

ホテルを散策した後はUSJで15時過ぎから21時前まで5時間以上たっぷり遊びました(USJについては後ほど)

しっかり遊んだの、部屋で映画を見ることも、晩酌することもなく、倒れるように早めに就寝。おやすみなさーい。

ローストビーフが美味しい朝ごはんビュッフェ

おはようございます。一度も目覚めることなく泥にように眠っておりました。『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』のベッド、めちゃめちゃ寝心地がいいわぁ。

久しぶりに起きて「ここどこ?」って寝ぼけるくらい寝てました。

朝の散歩はUSJをぐるっと一周。昼間は人だかりのUSJの地球儀オブジェも早朝なら誰もいないので、ゆっくり写真が撮れてよかったぁ。

早朝散歩から帰ってきたのは7時ごろ、その時間にはすでにUSJのゲートでは多くの人が並んでました。

USJの公式オープン時間は9時なんですけどね、1時間くらい(早い時は2時間)は早くオープンすることが多くて、その時間は空いてます。人が少ない時間にUSJを楽しもう、1分でも長くUSJで遊びたいというガチ勢は2時間前には並んでいるんですよ。

その列を横目に私達はホテルの朝食会場へ向かいます。

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』の朝食会場は2箇所です。

5階 和食ビュッフェが食べられる「大戸屋」

4階 和洋ビュッフェが食べれる「イーポック」

どちらでも好きなほうをチョイスできます。私達は種類が多そうな「イーポック」を選びました。

連泊する場合は違った朝食が食べられていいですね。

イーポックの朝食ブッフェ
7:00~10:00 (最終入店 9:30)
価格 大人¥2,970
(小学生¥1,650、4歳~小学生未満¥990、3歳以下は無料)

レストラン内はたくさんのお客さんがいましたが、宿泊者が全員席についても大丈夫なんじゃってくらい席数が多かったので満席になることはないと思います。ただ座った場所によっては料理までが遠いのを覚悟してください。

席は自分で選ぶのではなく、案内されるのでどの席に座るかは運です。

全体にカラフルでモンドリアンの絵画のような配色の内装が印象的。

洋食のメニューの多い品揃えでしたけど、名物メニューはにぎりたてのおにぎりです。この日は菜飯と塩の2種類。個人的には米が柔らかすぎて好みではなかったんですが、塩加減が絶妙で味は美味しかったです。

パンは数えるの面倒になるほど種類が豊富!

私が美味しいなった思ったのはこんがり焼かれたハニートースト、バターたっぷりでジューシーで美味しかったですよ。スコーンやマフィンなどのおやつパンもあります。

数は多くなかったですが、和惣菜もあります。黒豆が大粒でふっくらしててプロの仕事って感じ。

鮭はしっかり塩が効いてて、おにぎりによく合いました。

香りが爽やかだったレモンペッパー

焼きそば、お好み焼き、串揚げと大阪らしいメニューも並んでました。ここにたこ焼きがないのは不思議。

おにぎりと並んで人気なのがローストビーフ。お肉がものすごく柔らかくて美味しかったんですが、マッシュポテトとパンと共にお皿に盛ってあり、なかなかのボリューム。何皿でも自由に食べられますが、2皿食べたらお腹の容量を圧迫するトラップとなっているので、食べ過ぎ注意です。

初めてお目にかかって面白かったのが、こちらのパンケーキマシンです。左下に手をかざすとパンケーキの素が落ちてきてベルトコンベアに運ばれつつ焼かれていきます。

ミニパンケーキができていく過程が面白くて、見ず知らずの子ども達とワイワイ作って楽しかったです。

焼き上がったパンケーキにはチョコペンで絵も描けます。

炭水化物多めで食べてしまったので、デザートに行く前にお腹はいっぱいでしたが、なんとかデザートをお腹に押し込みました。

自分で作れるソフトクリームが楽しい。バニラ、ミックス、ショコラの3種類のソフトクリームが作れます。

ドリンクはフリードリンク、コーヒー、紅茶の他にスムージーやミックスジュースも幅広く揃ってました。個人的にはグリーンスムージは必飲だと思います。

同じ会場で朝食を食べていた宿泊者さん達は、これからUSJで楽しむのでしょうが、私達は仕事なので現実に戻らねばなりません。駅からパークに向かう楽しそうな人たちの波に逆らって歩いて帰りました。

疲れそうという理由で足が遠のいていたUSJですが、行ってみるとめちゃめちゃ楽しかったです。思いっきり楽しんだので、一週間頑張って働く活力になりました。やっぱりまた年パス買おうかなぁ。

USJから徒歩1分のオフィシャルホテル。USJの世界観をホテルでも楽しめる

疲れない!大人世代のためのUSJの楽しみ方

若い人たちが大半なUSJではありますが、アトラクションだけでなくショーも豊富なUSJは大人世代でも絶対に楽しめます。本日は大人世代でも疲れないUSJの楽しみ方をお伝えします。(とはいえ多少は疲れますけどねw)

トワイライトパスを使う

ビー玉
ビー玉

トワイライトパスとは15時以降からUSJに入園できるチケットです。通常チケットよりも2,500~3,000円安くなります。

1日遊ぶ体力に自信のない方、少しでも節約したい方におすすめのクーポンです。USJの閉園時間は日によって違うので、閉園時間が遅い日に使うと長く遊べます。

疲れやすくなっている大人世代は朝から晩までパワフルにパークで遊ぶのは無理だと思ってください。

パークは広くてとにかく歩きますし、アトラクションに乗ろうと思ったら長時間並びます。絶叫ライドとか乗ったら乗ったらで疲れるし...

ほとんどの大人達はお昼すぎには帰りたくなる人が多いんじゃないかと思うんですよね。

1日中遊べないのなら10,000円近くの(時には超える)チケットを買うのは勿体無いです。

その点、トワイライトパスだと遊ぶ時間は短くなりますが、通常チケットよりも2,500~3,000円安く買うことができます。

USJの閉園時間は19時〜22時くらいまでと季節やイベントごとによって変わります。閉園時間は入場最終時間なので、じつは閉園時間+1時間が遊ぶことができるんです。

公式閉園時間が22時なら23時までは遊べるので、閉園時間が長い日だとトワイライトパスでも8時間も遊ぶことができます。

夏場は開園時間が長いですし、炎天下の昼間よりも涼しくなった夜が疲れにくくて快適なので、大人世代にはトワイライトパスがおすすめ。

昼間のパークも綺麗ですが

夜のパークはライトアップされてさらにキレイだしロマンチックです。朝から入園して夕方までに疲れて帰ってしまってはもったいないんですよねぇ。

USJにはお酒も飲めるお店もあるので、大人時間をまったりと楽しみましょう。

昼はもちろん、夕方も夜も楽しめてしまうトワイライトパスはおすすめです。

ただ、トワイライトパスが買えない日もあります。

【トワイライトパスが販売されない日】
・18時までに閉園の日
・貸切ナイトのある日
・お盆やGWなど夜まで混雑する日

ホテルチェックアウト後にUSJを楽しんで、翌日は大阪観光も良いのではないでしょうか?

トワイライトパスだと諦めないといけない事もあります。

人気の任天堂ワールドは入場制限がかかり、15時までには整理券がなくなってしまうことがほとんどです。任天堂ワールドに行きたい方はトワイライトパスは向きませんのでご注意ください。

アトラクションは午後18時を超えてから

いつも並んでるJAWSも19時前には待ち列なし

アトラクションに乗りたいけど並びたくないという方は夜がおすすめです。日によっても違いますが18時を超えたあたりからアトラクションに並ぶ人は激減します。

私達がパークに行ったのは祝日で、お昼は待ち時間が100分を超えていたハリーポッターエリアのアトラクションも、夜には待ち時間が30分とかになっていました。30分くらいだと実際は10分〜20分くらいなので、待ち列用の展示物をゆっくり見る暇もないくらいサクサク進みます。

大人世代の方はUSJのアクション激しめのアトラクションにはあまり乗らないかもしれませんが、乗りたい場合は待ち列が短い夜がおすすめです。

また公式アプリはダウンロードしておくとショーの時間、アトラクションなどの待ち時間がすぐにわかるので、USJに行く前にダウンロードしておいてくださいね。

ホテルからUSJや道頓堀など観光地までの所要時間

ホテルから目的地までの所用時間
目的地交通手段乗り換え回数所用時間(目安)
USJ徒歩1分
海遊館キャトル船
キャプテンライン
なし15分
大阪城JR
大阪メトロ(中央線)
2回50分
通天閣JR1回30分
道頓堀JR→
阪神(はんば線)
1回35分
京都JR2回56分
新大阪
(新幹線の駅)
JR2回30分

大阪の人気観光地であるUSJと海遊館は距離的には目と鼻の先なんですが、陸路を使うとくるっと遠回りしないといけません。

画像出典:キャプテンライン公式サイトより

なので、水の都「大阪」らしく船で移動してみてはいかがでしょうか?

画像出典:キャプテンラインの公式サイトより

船着場のユニバーサルシティーポートへはホテルから徒歩約5分です。約10分ほどの船旅です。

料金は大人片道900円/往復1,700

運行は1時間に1〜2便。

運行時間など詳しくはキャトル船キャプテンラインの公式サイトでお確かめください

キャプテンラインは次に紹介する大阪楽遊パスを使うとお得に乗ることができます。

『大阪楽遊パス』と『エンジョイエコカード』でお得に大阪観光

画像出典:klook公式サイトより

大阪を観光するのに持っていると絶対にお得なのが大阪観光局が発行する大阪楽遊パス

2,000円の大阪楽遊パスを購入すればお座敷船(観光クルーズ)や梅田スカイビルの展望台、通天閣などの大阪を代表する25以上の観光スポットが無料になります。電子パスなのでスマホを見せるだけでOK。

ビー玉
ビー玉

ホテル近鉄ユニバーサルシティやUSJの近くだけでも
・帆船型観光船 サンタマリア デイクルーズ 1600円
・帆船型観光船 サンタマリア トワイライトクルーズ 2100円
・キャプテンライン 1700円
・レゴランド®・ディスカバリー・センター大阪 2800円〜3000円
・さきしまコスモタワー展望台 1000円
これだけ利用できます。

とくにキャプテンラインは人気の海遊館とUSJを10分ほど行き来しているのでとても便利です。

大阪周遊パスには1日利用の2,000円、2日間利用できる2,500円、そして大阪メトロが乗り放題になる2,800円があり、大阪メトロに乗れば楽しめるスポットはさらに増えますし観光範囲も広がります。ただ大阪メトロ乗り放題付きのクーポンを購入するのは少々お待ちを!

土日祝やお子様がいる場合は大阪メトロが発行するエンジョイエコカードを駅の券売機で購入すると大人620円(子ども310円)で大阪メトロ全線と大阪シティバスが乗り放題になるので、2,000円の周遊パスとエンジョイエコカードとの組み合わせがお得です。

必要に応じて上手に利用して大阪観光を満喫してください。

2,000円の大阪楽遊パスの購入はこちら⇨klook(KLOOKアプリで初回予約の場合はさらに5%OFF)

エンジョイエコカードは大阪メトロ各駅の券売機で買えます。

USJ&オフィシャルホテルに便利な穴場駐車場

ホテルやUSJに便利な格安駐車場情報です。私たち夫婦はバイクが主な交通手段なんですが、何気に停めるところに困るのがバイク。車だけでなく、そんなバイク(自動二輪)用の駐車場も紹介します。

価格は時期によって変わるので、駐車する前に現地の看板にてお確かめください。

車の場合*24時間1,000円以内で停められる穴場

ホテルには駐車場があります。駐車料金は1泊3,000円

けっして安くはないんですが、土・日・祝日にUSJ近隣で24時間停められる駐車場としては平均的なのでホテル近くの駐車場に停めたい場合はホテルの駐車場に停めめてください。

駐車場代を節約したい場合はJR西九条駅付近がおすすめです。

最寄駅のユニバーサルシティ駅から2駅離れるんですが、駅から徒歩3分以内でも24時間停めて600円〜1,500円ほどで24時間駐車できるんですよ。下手にホテルから徒歩15分とかの格安駐車場に停めるよりも断然楽。

ビー玉
ビー玉

【西九条駅から徒歩3分以内の駐車場】

⚫︎リパーク西九条駅前第2(徒歩1分)
最大料金 月~金 入庫後24時間以内¥1,100
最大料金 土日祝 入庫後24時間以内¥1,300

⚫︎タイムズ西九条駅前第10(徒歩2分)
駐車後24時間 最大料金990円

⚫︎タイムズ西九条駅前第3(徒歩1分)
駐車後24時間 最大料金880円

西九条駅からユニバーサルシティ駅まで「JRゆめ咲線」はUSJに行くためのJRの特別な路線といえます。電車全体が不思議な高揚感に包まれています。この雰囲気を味わうのもオツなものです。

西九条駅からユニバーサルシティ駅ヘは約5分。約8分間隔で電車がきます。電車代は大人170円。駐車料金の差額だけでちょっといいランチが食べられます。

バイク(自動二輪)の場合

ホテルにバイク用の駐輪場はありません。ホテルの駐車場に停めたい場合は車と同じ3000円もかかってしまいます。

シティウォークの駐輪場は安いけど50ccの原付まで、USJのバイク駐輪場は1日600円ですが、パーク閉園後は1時間後には退場しなければならないので、ホテル泊の時は使えません。

USJ付近のホテルに泊まる場合、本当に困るのがバイクの駐車場なんですよ。

バイクも車と同じくユニバーサルシティ駅から2駅離れた西九条駅が便利です。バイクだと24時間240円で停められて、駐輪所から駅までは徒歩1分ほどです。

電車移動はありますが、駐車場もホテルも駅近なので体感としてはUSJのバイク駐車場からシティウォークまで歩くよりも近く感じるくらいですよー。

【バイク】エコステーション21 阪神西九条駅前駐輪場(Aエリア)
住所:大阪府大阪市此花区西九条3-34
収容台数:30台
駐車料金:240円/24h
西九条駅まで徒歩1分(ユニバーサルシティ駅まで電車で5分)

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』宿泊レビューまとめ

宿泊日 2024年1月8日(月・祝)〜9日(火)
宿泊者 夫婦2人
セミダブル(21m²)朝食付きで2人20,000円(内楽天ポイント19,000円)

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』のよかったところ
・USJで遊ぶなら絶対的に利便性がいい
・USJの雰囲気そのままで泊まれる
・リニューアルされたばかりなので室内がキレイ

『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』の残念だった点
・水回りの設備は古く感じる
・朝食ビュッフェ会場が広すぎて場所によっては料理を取りにいくのが大変

USJから徒歩1分ととにかく近い。クタクタに歩き疲れていても苦もなく着ける最高の立地です。1階にはお土産屋さんも併設されているので、パークが閉まっている時間でもUSJ土産が買えます。

パークビューの部屋を予約すれば、開園前、閉園後のパークの様子をみることもできます。この立地だけでも『ホテル近鉄ユニバーサルシティ』を予約する価値はあるんじゃないでしょうか。

残念ならが私達は体力のある限りUSJをめいっぱい楽しめる歳ではなくなってしまったけど、USJはアトラクションに乗らなくても、ただ歩いているだけでも楽しいし、ショーも見応えがありました。また年パスを復活させてもいいかもって思えるくらい楽しかったです。

トワイライトパスを使って半日でも十分楽しめるので、大人世代の方にもぜひUSJ&大阪に遊びにきてもらいたいです。

USJから徒歩1分のオフィシャルホテル。USJの世界観をホテルでも楽しめる

コメント

タイトルとURLをコピーしました