『カンデオホテルズ大阪岸辺』宿泊レビュー!天空の大浴場に癒されほぐされるホテル

新大阪・大阪郊外

宿泊者のほとんどが「大浴場がすばらしかった」と口を揃える『カンデオホテルズ大阪岸辺』が気になって宿泊してきたのでレビューします。

実際に泊まってみると開放感たっぷりの大浴場が素晴らしかったのはもちろん、健康に良さそうな朝ごはんも美味しく、部屋から見える景色も他ではみることができない絶景でした。

こんにちは、大阪在住だけど大阪のホテルに宿泊するのが趣味なビー玉夫婦が実際に泊まってよかったホテルを紹介するブログです。

『カンデオホテルズ大阪岸辺』の宿泊レビューのほかにホテルから近い格安駐車場や近隣のおすすめスポット情報も紹介します。ホテル選びの参考になると嬉しいです。

『カンデオホテルズ大阪岸辺』 概要&宿泊費

宿泊日 2023年2月19日(日)〜20日(月)
宿泊者 夫婦2人
客室タイプ クインルーム(16m²)

カンデオホテルズ大阪岸辺の概要
ラウンジ無料サービスなし
大浴場大浴場・サウナあり
館内着セパレート
朝食和洋ビュッフェ
チェックイン/アウト15:00/11:00
駐車場提携駐車場あり(1,000円/泊)
最寄駅JR『岸辺駅』駅(北口2F通路)より徒歩
阪急『正雀駅』(西口)より徒歩15分
住所〒564-0018 大阪府吹田市岸部新町5-45 フロント9階
TEL: 06-6190-1500

本日の宿はJR『岸辺』駅にほぼ直結のホテル『カンデオホテルズ大阪岸辺』

他府県の方はもちろん、大阪府内に住んでいても『岸辺』ってどこだ?って感じですよね。

地元なので知ってますが、それでも『何があったっけ?』って感じのお土地柄。

ホテル滞在中は退屈しないだろうかって心配でしたが、最上階のスカイスパがあまりにも気持ち良さそうで勢いで予約しちゃいました。

予約はYAHOO!トラベル

『カンデオホテルズ大阪岸辺』の宿泊費(2人分)
通常宿泊費16,960円
全国旅行支援
(日本中から大阪いらっしゃい)
-2,918円
即時利用割引-2,366円
旅行支援+大阪来てなクーポン10,000円
宿泊費11,676円(実質宿泊費 1,676円)

大阪来てなキャンペーンとは、2023年1月25〜2月28日までの約1ヶ月間、1人7000円を超える宿泊費に対して全国旅行支援2000円に+して3000円分のクーポンが上乗せされるというお得すぎる太っ腹キャンペーンです。

太っ腹すぎたせいか、キャンペーン開始後たったの1週間で予算に達して終了。

もともと楽天トラベルでもっと安い価格で予約していたものの、クーポン上乗せキャンペーンを適応させるために同条件で1000円高かったYAHOO!トラベルに乗り換え。

そのすぐ後にキャンペーン中止のお知らせがきて、敗北感とともに上乗せクーポンは諦めてました。

でも実際にチェックインしてみてビックリ!上乗せキャンペーン分が加算されていて10,000円分のクーポンをいただけました。『カンデオホテルズ』さんありがとう。

ビー玉夫婦の場合は上乗せキャンペーン中に予約した3つのホテルすべてでキャンペーンを適応させてもらえて私たちにしたら恐ろしいほどにラッキーでした。反動が怖いレベルっ

※上乗せキャンペーンが適応されるかはホテルのシステムにより違います。

▼宿泊料は時期によって変わるので各種サイトでご確認ください

『カンデオホテルズ大阪岸辺』宿泊レビュー

宿泊当日は残念ながら朝から雨。雨が弱まるのを待ってバイクで出発。

ホテルに到着したのは15時を少し回ったところでした。

岸辺は、大昔ビー玉夫婦がともに通っていた学校が近くにあって、今住んでいる自宅からも近いなじみ深い場所ではあるんですが、どこか得体の知れない場所という印象を持っていました。

吹田市を分断するようにJRの線路が通っていて、当時は使われていない広大な吹田操車場跡地があったりして暗いイメージしかない場所だったのですよ。

学校を卒業して以来、数十年ぶりの久しぶりすぎるJR岸辺の駅は驚くべき変化をとげていました。

薄暗かった小さな駅がガラス張りのおしゃれな駅舎に変わっていて、全長110mにも及ぶ線路の上には線路を横断する巨大な橋(大跨線橋)がかかっておりました。

JR岸辺駅からは、この巨大な大跨線橋(だいこせんきょう)を通ってホテルに向かいます。ホテルまで屋根のある通路となりますので雨が降っていても大丈夫。距離はありますが、ほぼ駅直結と言ってもいい立地です。

橋の上から見えた線路の広漠さにしばらく見とれちゃいました。

怖いイメージのあった吹田操車場跡地は最新の設備を備えた病院と、梅田の再開発で姿を消した梅田貨物駅が岸辺に引っ越してきて吹田貨物駅として、明るく清潔感のある場所に生まれ変わっておりました。

全長110mの大跨線橋を渡り切った駅の北側にあるのが『カンデンオホテルズ大阪岸辺』。

商業施設『VIERRA』の6階〜9階がホテルです。

連絡橋から入ってすぐにセブンイレブンがあって、そのすぐ左手にホテルの入り口がありました。

この時点でシトラス系のいい匂いがして、別世界観が半端ない。

フロントはホテル最上階。エレベーターでフロントへ向かいます。

フロントが最上階って珍しいですよね。

要所要所に生花が飾ってあって、おもてなしの心を感じます。

チェックイン

私たちの前にチェックイン待ちをしてる方が数組、フロント前の用紙に名前を書いて待ちました。15分くらいで名前が呼ばれてチェックイン完了。

アメニティはフロントで必要なものだけを部屋に持っていくシステムです。

カミソリ、ヘアブラシ、ボディタオル、綿棒、コットン、お茶、ジェービングジェル、お茶が置いてあり、歯磨きセットは部屋にありました。

フロントの横にはお酒やおつまみ類が販売されていて、宿泊者は24時間購入可能。

エレベーターの中にラウンジの案内が貼ってありましたが、この販売機で買ったものをラウンジスペースで食べることができるってことのようです。レストランの営業はありません。

クインルーム ルームツアー

フロントのある9階からエレベータで6階〜8階の客室に降りていきます。

客室は廊下を挟んで南北に配置されていました。JRの線路側をのぞむ北側と大阪北摂の街並みをのぞむ南側です。

私たちの部屋は6階の線路ビュー。梅田だと低層になるので景色は期待できませんが、ここは岸辺。周りに高い建物がないので6階でも十分な展望です。

6階でこの開放感ですよ。しかも見下ろすとJRの線路にいろんな電車が走ってるのが見え、私はとくに鉄道好きってわけではないにもかかわらず見てて飽きませんでした。昼だけでなく夜中も貨物が走っていたので、鉄道好きな方にとってはきっとパラダイスでしょう。

線路が近いわりには電車の音はそれほど気にならず、むしろコトコトと小さく聞こえる列車の走行音がよい子守唄になりました。

音が気になる人は大阪北摂の風景が見渡せる南側の部屋を希望した方がいいかもしれません。

ビー玉夫婦が予約したのはクイーンルーム(16m²)。いつものように2人で泊まるのに最も安い部屋です。

今まで泊まったホテルの中でも16m²は狭い部類ですが、展望がよくて全く狭さは感じませんでした。窓際に小上がりイスまであって贅沢な感じすらします。

部屋の設備はこのシンプルなキャビネットに大集結!

ミネラルウォータ2本、ガラスコップとフタ付きのマグカップが2つずつ、アイスペール、電気ポット、ドライヤー、電話。キャビネットの下には冷蔵庫がありました。

ちなみに氷は各階のエレベーターホールにあったので、酔っ払ってても安心。

水回りは新しくて清潔!お風呂にはホテルオリジナルのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープがあります。大浴場があるので使わなかったですけどね。

フロントのアメニティバーにはなかった歯ブラシは部屋にありました。毛先の細い良い感じのブラシです。

【フロントのアメニティバー】
カミソリ、ヘアブラシ、ボディタオル、綿棒、コットン、お茶、ジェービングジェル、お茶
【部屋のアメニティ】
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ハンドソープ、歯ブラシセット、バスタオル2枚、フェイスタオル2枚、消臭スプレー

幅160cmのクインベッドはシモンズ製。布団は薄くて軽いタイプ。枕元にはACコンセントだけでUSBの差し込み口はなかったです。新しいホテルにしては珍しいです。

スマホなどを充電したい場合はアダプタを持っていかないとダメですね。

電源コンセントはベッド、小上がりイス、電気ポットの後ろ、洗面所にあって数は十分です。

部屋着はフリーサイズのセパレート。高級感のある黒の部屋着ってかっこいい。ズボンはウエストを紐でしばって調節するタイプ。柔らかい素材で着心地はとてもいいよかったですよ。

クローゼットは玄関ドアの横にオープンタイプ。ハンガーにまでカンデオグループのマークが入っていて部屋全体に統一感があって素敵です。数は8本と2人分としてはやたらと多いのが印象的。

一通り部屋を探検した後は、1階〜2階の商業施設と付近の散策に出かけます。

1階〜2階の商業施設

1階にはスーパーマーケット、ドラッグストアや吉野家、2階にはセブンイレブン、100円ショップのセリア、飲食店が2件、ホテルからこれらにエレベーターで直通です。

とくに1階のスーパーは玄関開けたらすぐ売り場な勢いで便利すぎるっ!暑さも寒さも天候も関係なく品揃えの良いスーパーに移動できるとか、もうね、ここに住みたい。

遅めの昼食&早めの夕食は2階にあった「うどん酒菜ふうふや」で頂きました

ちょっとお値段は高めだけどボリューム満点(多すぎるくらい)で美味しかったです。うどんは優しい食感の大阪うどん、唐揚げは出汁味しっかりでカラッと揚がってました。

夜は定食以外にも鳥料理が食べられます。

定食の予算は1,000円〜2,000円くらい

あと100円ショップが近くになるのはありがたいです。ホテルのアメニティのボディタオルがあまりにも小さかったので、私は100円ショップで買っちゃいました。

大阪らしいものが食べたいなって場合は8分ほど歩いた正雀駅前にたこ焼きやお好みがテイクアウトできる「ジャンボ総本店」さんがありました。

たこ焼きの名店もいいけど、大阪民はたこ焼きさんに並ぶことはあまりないので、たぶん大阪民が一番よく利用してるたこ焼き屋さんです。

開放感が最高なスカイスパ

ご飯を食べたあとは、お楽しみの天空の大浴場です♪

大浴場はフロントのあった9階。食堂の奥です。

男湯、女湯ともに階段を少し上った先にあります。

うん、なんか特別な場所って感じ。

宣材写真だとお湯に浸かりながらうっすら夜景が見えるイメージでしたが、実際は不透明な白いパネルが貼られていて湯船からは外を見ることはできませんでした。身長151cmの私が背伸びすると外がちらっと見えるくらいです。

まぁ外から大浴場が見えると困るので仕方ないですよね。

女湯からちらっと見えた夜景はエキスポランドの観覧車がきれいでした。

ちなみに男湯は病院の病室ビューだったらしいですw

ただ、露天では屋根がなくて空ががっつり見えて開放感があります。照明が最小限におさえられているので夜空がよりきれいに見えるんじゃないかと思います。

この日は残念ながら曇り空。雲の切れ目に星がチラッと見え、それはそれでよかったです。

内風呂では水面が天井に映し出されていて、これもリラックス効果抜群。

男湯にはドライサウナ、女湯にはミストサウナがあり、男湯のサウナはサウナ好きが選ぶ「サウナシュラン」を受賞したことがあるんだとか。

この大浴場に入るだけで『カンデオホテルズ大阪岸辺』に泊まる価値はあるなって感じ。次は晴れた夜空の日に泊まりたいなぁ。

女湯の洗い場は6つ。それぞれ仕切りがあり、隣の人にシャワーがかかる心配はしなくて大丈夫です。

画像出典:楽天トラベル公式サイト

脱衣コーナーは狭かったですが、ドレッサーコーナーは広々してました。

【大浴場のアメニティ】
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、ハンドソープ

大浴場にはホテルオリジナルの化粧水と乳液が置いてあって香はものすごくよかったものの・・

保湿力はイマイチ。乾燥肌の私は3ターンくらいミルフィールづけしても潤いませんでした。クレンジングも水のようなテイストで肌には優しそうだけどメイクは落ちているんだかいないんだかって頼りなさを感じました。

乾燥肌の人やがっつりメイクの人は基礎化粧品は自前のものを持っていったほうが良さげです。

ランドリーコーナーは女湯入り口の横にありました。空き具合は部屋のテレビから確認できます。

入浴後は部屋で2人宴会を開催し、電車の心地よいコトコト音を聞きながら就寝。なんて癒された1日だろう。おやすみなさ〜い。

健康的な朝ごはん

朝食のビッフェ会場は9階、スカイスパの手前。こちらはJRの線路が見える席。

こちらは北摂の街並みが見える席。どちらも開放感があり、天井が高くて気持ちの良い空間でした。

『カンデオホテルズ大阪岸辺』のある岸辺は国立循環器病研究センターや市民病院を誘致集結させ健康・医療のまち「北大阪健康医療都市(健都)」都市としてまちづくりをしています。

そんな健都に建つホテルのビュッフェも健康的な和食中心。肉じゃがはジャガイモがゴロっと入ってて味わい深い。煮物は出汁味がしっかり効いていました。

私は大好物の明太子としらすがあったので幸せです。

和食だけではなくパンも数種類あって、ホテルで焼いているそうです。クロワッサンはまだ温かったです。

スクランブルエッグはふわふわさは関西でもトップクラスかもしれない。

珍しいなって思ったのは鍋で作られたプティング。甘味は控えめで卵の味が感じられて美味しかった♪

最近よくみるダイヤルを回すとでてくるグラノーラ。これついついまわしちゃいますよね。

雲の切れ間から天使の梯子(はしご)が降りた大阪北摂の街並みが神々しい。

ドリンクも種類豊富です。

美味しい朝ごはんをごちそうさまです。

名残惜しいですが、月曜日なのでこれから仕事です。朝ごはんを食べたら早々にチェックアウトしなくてはなりません。

チェックアウトBOXにルームキーを入れたら完了です。

『カンデオホテルズ大阪岸辺』近隣のおすすめスポット

ホテルから近いおすすめスポットを紹介します。

健都ライブラリー(吹田市立図書館)

画像出典:吹田市公式サイト

ホテルから徒歩10分くらいのところに吹田市立健都ライブラリー(図書館)があるんですが、この図書館に昔懐かしい新幹線(0系新幹線車両)が展示されています。車内(一部)も見学できるようになっているんですよ。

画像出典:シティライフ公式サイト

全国でも新幹線の展示がある図書館はここだけではないでしょうか?

近くには広いレールサイド公園があり、遊具や健康器具がたくさん置いてあります。鉄道好きな人はもちろん、運動不足が気になる人も散歩ついでに行ってみてはいかがでしょうか?

【吹田市立健都ライブラリー(図書館)】
開館時間:10:00〜18:00(木・金曜は20:00まで)
休館日:年末年始(12月28日〜1月4日)、月曜の最終木曜日
料金:無料

万博公園

太陽の塔でお馴染みの(他府県でもお馴染みなのかは謎ですがw)万博公園もホテルからバス1本で行くことができます。

1年を通して様々なイベント開催していますし、森の上を歩くソラート(森の空中観察路)や森の足湯、花園は万博公園の入場料大人250円を払うと無料で利用できます。

旅好きな人なら世界各国の文化を学べる「国立民族学博物館(万博公園内)」もおすすめです。

太陽の塔は前日までの予約すれば中にも入ることができるんですよ。生命の神秘を存分に感じてください。

『カンデオホテルズ大阪岸辺』から万博公園へはホテルのすぐ下のバス停②から「山田樫切山」下車。樫切山からは15分くらい歩きます。

同じバスにのってパナソニックスタジアムにも行けます。サッカー観戦にも便利です。

スタジアムまではホテルから25分ほどです。

【万博記念公園】
開園時間 9:30〜17:00(入園時間は閉園の30分前まで)
休演日 毎週水曜日(祝日の場合は直後の平日)
入園料 大人250円(小中学生80円)
太陽の塔見学 大人980円(小中学生380円)

大観覧車とニフレル

万博公園の隣にあるのがショッピングとエンタメが楽しめるエキスポシティ
ここでのおすすめは高さ日本一の大観覧車「OSAKA WHEEL」と動物と触れ合える「ニフレル」

「OSAKA WHEEL」は観覧車がスケルトンなのでめっちゃ怖いんですが、さらに地獄のゾンビ観覧車や謎解き、コタツのある観覧車などいろいろ楽しい変わり種があるので好きな観覧車を選んでください。

交通手段は万博公園と同じです。

【OSAKA WHEEL(オーサカホイール)】
営業時間 11:00〜22:00
休業日 EXPOCITYの休業日に準じる
料金 1,000円〜

「ニフレル」は動物にふれることができるから「にふれる」。

主に水の生き物が多いですが、カピパラやペンギン、ワラビーなどなど多くの動物たちがいます。

どの動物とも距離が近いのが特徴です。カピパラとか普通にウロウロしてますから♪

動物好きな人には間近に動物を観察できて本当おすすめ。

【ニフレル】
開館時間 平日10:00〜18:00、土日祝9:30~19:00
休館日 年中無休
入館料 大人2,200円、小中学生1,100円、幼児650円

ホテルからUSJや道頓堀など観光地までの交通機関&所要時間

ホテルから目的地までの所用時間
目的地交通手段乗り換え回数所用時間(目安)
万博公園阪急バス
JR→大阪モノレール
なし(15分徒歩あり)
1回
30分
40分
ニフレル阪急バス
JR→大阪モノレール
なし(15分徒歩あり)
1回
30分
40分
パナソニック
スタジアム吹田
阪急バスなし20分
なんばJR→大阪メトロ1回40分
通天閣阪急電車(天下茶屋行き)
大阪メトロ直通
なし50分
USJJR2回40分
京都JRなし35分
新大阪
(新幹線の駅)
JRなし12分

大阪観光するならマストなお得すぎるクーポン

大阪観光におすすめ「大阪楽遊パス」

画像出典:klook公式サイトより

大阪を観光するのに持っていると絶対にお得なのが大阪楽遊パス

画像出典:大阪楽遊パス公式サイト

2,000円の大阪楽遊パスを購入すればお座敷船(観光クルーズ)や梅田スカイビルの展望台、通天閣などの大阪を代表する25以上の観光スポットが無料になります。電子パスなのでスマホを見せるだけでOK。

スカイビルの展望台が大人1,500円、通天閣が大人900円なので、たった2箇所まわれば元が取れてしまう大阪観光局が発行しているクーポンです。

大阪周遊パスは1日利用の2,000円、2日間利用できる2,500円、大阪メトロが乗り放題になる2,800円があります。

土日祝やお子様がいる場合は大阪メトロが発行するエンジョイエコカードを駅の自販機で購入すると大人620円(子ども310円)で大阪メトロ全線と大阪シティバスが乗り放題になるので、2,000円の大阪楽遊パスエンジョイエコカードとの組み合わせがお得です。

大阪周遊パス
(大阪メトロ乗り放題付き)
大阪周遊パスエンジョイエコカード
平日2800円2000円820円
(子ども310円)
土日祝2800円2000円620円
(子ども310円)

必要に応じて上手に利用して大阪を満喫してください。

大阪楽遊パスの購入はこちら⇨klook(KLOOKアプリで初回予約の場合はさらに5%OFF)

『カンデオホテルズ大阪岸辺』近郊の格安駐車場情報

ホテル近くの格安駐車場情報です。私たち夫婦はバイクが主な交通手段なんですが、何気に停めるところに困るのがバイク。そんなバイク(自動二輪)用の駐車場も紹介します。

価格は時期によって変わるので、駐車する前に現地の看板にてお確かめください。

車の場合

ホテルと同じ建物(ビエラ岸辺健都)の3・4階に屋内駐車場「タイムズ ビエラ岸辺健都」があり、宿泊者は13:00~12:59まで1泊1,000円(税込)で利用できます。近隣駐車場の中でも安価なので迷わず泊めていいと思います。チェックイン時に駐車場のチケットをフロントに持っていくと割引を受けることができます。

もっと安い駐車場がいいという人は10分くらい歩いた健都ライブラリー(吹田市立図書館)の隣「タイムズ岸辺新町4」がおすすめ。24時間400円と格安です。

【タイムズ岸辺新町4】
大阪府吹田市岸部新町4

ホテルまでは徒歩10分弱
24時間400円

バイク(自動二輪)の場合

ホテルにバイクの駐車場はありませんでした。

付近でもっとも安かったのは岸辺駅の南側「岸辺駅東 駐車場」24時間300円と地域最安値なんですが、台数が4台だけ。

私たちは宿泊した日は雨だったので運良く空いていましたが、台数が少ないので駐めるには運とタイミングが必要かも

【岸辺駅東 駐車場】
大阪府吹田市岸辺南1丁目 15番3号
24時間300円(屋根あり)

ホテル隣の市民病院にもバイク駐車場がありますが、病院に用事のある人専用の駐車場なので利用できません。

少し離れますが、阪急「正雀駅」近くの正雀駅南第2駐車場ならまとまった台数が置けます。

【Cyclepark 正雀駅南第2駐車場】
大阪府摂津市正雀本町1-134-8
24時間210円(屋根無し)

『カンデオホテルズ大阪岸辺』まとめ

宿泊日 2023年2月19日(日)〜20日(月)
宿泊者 夫婦2人
客室タイプ クインルーム(16m²)朝食付きで2人16,960円(全国旅行支援+大阪来てなキャンペーンを使って実質1,676円)

【カンデオホテルズ大阪岸辺のよかった点】
・部屋からの展望
・開放感ある大浴場
・健康的な朝ビュッフェ
・従業員さんが親切だった
・スーパーや100円ショップなどとドアtoドア

【カンデオホテルズ大阪岸辺の残念だった点】
・ベッドの枕元にUSBの端子がなかった
・大浴場の基礎化粧品が肌に合わなかった
・繁華街や観光地にでるのに少々不便な土地

室内清潔で掃除が行き届いていて気持ちがよかったです。岸辺という土地柄、大人が夜遊びでする場所は近くに多くはありません。

ただ、その分ホテルでのんびりできたのは良かったです。鉄道は詳しくないんですが外を行き交う電車をみてると時間が経つのを忘れます。

ホテルの利用者には循環器センターや市民病院に入院しておられるご家族の付き添いでホテルに泊まるという需要が多そうですが、緊張して張り詰めた気分を開放感たっぷりの大浴場がほぐしてくれるんじゃないでしょうか。

ホテルと同じ敷地にセブンイレブン、スーパーマーケット、100円ショップのセリアもあり、おこもりステイにはこれ以上ないくらい便利でした。

『カンデオホテルズ大阪岸辺』はワンランク上のホテルステイをリーズナブルに楽しみたいというあなたにおすすめのホテルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました