『カンデオホテルズ大阪枚方』宿泊レビュー!星空に一番近い露天風呂とサウナを楽しめるホテル

新大阪・大阪郊外

関西では「ひらパー」でお馴染み、他府県の方には聞き馴染みのないかもしれない「枚方(ひらかた)」駅から徒歩3分(近い将来に直結)のところに開業した『カンデオホテルズ大阪枚方』に宿泊してきたのでレビューします。

大阪郊外で周りに高い建物がほぼない中の26階建て。その26階には大阪平野だけでなく京都盆地をも一望できる露天風呂はまさに絶景!令和の天守閣、殿様気分を味わえる宿でした。

こんにちは、大阪在住だけど大阪のホテルに泊まって朝ごはんを食べるのが趣味なビー玉夫婦が実際に泊まってよかったホテルを紹介するブログです。

本日は、宿泊レビューのほかにホテルから近い格安駐車場やおすすめスポット情報、お得に大阪観光ができる方法も紹介します。ホテル選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

『カンデオホテルズ大阪枚方』 概要&宿泊費

宿泊日 2024年6月30日(日)〜7月1日(月)
宿泊者 夫婦2人
客室タイプ デラックスツイン(17㎡)

『カンデオホテルズ大阪枚方』の概要
ラウンジ無料サービスなし
大浴場あり、サウナのあり
館内着上下セパレート
朝食和洋ビュッフェ(2,970円)
チェックイン/アウト15:00/11:00
駐車場あり(敷地内駐車場有 13:00から24時間で2,200円(宿泊者特別料金)
最寄駅枚方駅(直結になる予定)
住所〒573-0032 大阪府枚方市岡東町
近隣のコンビニなど徒歩約2分 セブンイレブン
徒歩6分 スーパー、デパ地下あり

カンデオホテルは推しホテルグループではあるんですが、インバインドの影響で私たち夫婦が気軽に泊まるのは難しくなっています。ビジネスホテルだと思っていたけど、手の届かない存在になっているんです。

なので、ここ1年くらいは憧れのホテルとして指を加えて見てるだけの存在だったんですけどね、ついに泊まるチャンスがやってきました。

その名も✨開業記念プラン

新規やリニューアルでのオープン時ってセール価格でお得に泊まれることが多いんですよ。

『カンデオホテルズ大阪枚方』の開業開業日までの先行予約にて2024年6月30日(日)〜2024年12月16日(月)チェックアウトまでは1人でも2人でも朝食付きでも同じお値段というもの。予約開始日を待って即予約しました。しかも泊まったのは奇しくもオープン当日!

『カンデオホテルズ大阪枚方』の宿泊費(2人分)
通常宿泊費20,700円
ホテルポイント−1,000円
実質宿泊費 19,700円

予約はホテルに直接予約。カンデオホテルグループに無料会員登録しておくと、入会時と年に1回1000円分のポイントがもらえるんですが、そのポイントを使ったので1人1万円を切るお値打ち価格で泊まることができました。

▼宿泊料は時期によって変わるので各種サイトでご確認ください

『カンデオホテルズ大阪枚方』宿泊レビュー

『カンデオホテズ大阪枚方』は京阪「枚方駅」に直結予定ですが、私が宿泊した2024年6月30日はまだ周りの商業施設が工事中で、直結はしていませんでした。

枚方駅からホテルまでの途①

7番出口から一旦駅の外に出て

枚方駅からホテルまでの途②

駅ビルに沿って歩いていきます。要所要所にカンデオホテルへの看板があったので、迷わないと思います。

枚方駅からホテルへの途③

セブンイレブンが見えたら左折します。

枚方駅からホテルへの途④

ここまで来て。入り口がわからずに迷ったんですけどね。恐々駐車場の中に入っていくとホテルへの入り口を発見できました。

『カンデオホテルズ大阪枚方』の外観

ちなみに画像左のガラス張りの建物が『カンデオホテルズ大阪枚方』が入っているステーションビルです。9月に駅からホテルに続く商業施設が開業予定になっているんですが、そちらがオープンしたら駅から直結するわかりやすい入り口が2階、3階にできるようです。

1階玄関

この日はオープン当日の6月30日だったので、開業祝いのフラワースタンドが華やかです。

1階エントランス

1階駐車場側玄関を入るとすぐにエレベーターホールです。豊臣秀吉の黄金の茶室かってぐら金色でゴージャス。カンデオホテルに泊まった方ならご存知かと思いますが、枚方のカンデオも独特のシトラス系の香りがして嬉しくなっちゃいました。

ステーションビルの19階〜26階が『カンデオホテルズ大阪枚方』です。フロントは19階。

空いている時間に撮影したフロントの様子

オープン当日なので予想はしていましたが、十分な数が用意されているイスが全部埋まっているほど、チェックイン待ちの人たちでごった返しておりました。受付スタッフさんも慣れない店舗で大変そう。この日はチェックインに40分ほどかかりましたが、普段はそれほど混まないと思います。

19階フロントからの眺め

フロントから見える風景が素晴らしく、待ってる間も退屈しません。周りにあまり高い建物がないので、19階でも見晴らし抜群です。待ってる宿泊者さんたちも写真を撮っておられましたよ。

19階レストラン(会場)の様子

待ってる間にレストランも見学させてもらいました。レストラン側は大阪ビュー、遠くに梅田の高層ビル群も見えます。天気が良ければ明石海峡大橋まで見渡たせるらしいです。周りに高い建物がないので、雲の上から眺めているような気分を味わえます

そうこうしている間にチェックイン完了。ルームキーと朝食券を受け取ります。ルームキーは男女で色分けされていて、女性用の大浴場へは赤いルームキーが必要なので、間違わないようにお気をつけてください。

フロント アメニティバー

歯ブラシセット以外のアメニティはレセプションの後ろのアメニティーバーから必要なものをピックアップするシステムです。

櫛(くし)、綿棒、コットン、カミソリと種類は多くはありません。ヘアブラシじゃなくて櫛(くし)というのは珍しい。

ホテルの案内板

【フロア案内】
1階、2階、3階 エントランス
19階 フロント、レストラン、バンケットルーム
20階〜25階 客室
26階 スカイスパ、客室

案内板では1階、2階、3階エントランスとあったので、ステーションビルが完成したら2階3階からもホテルに入れるようですね。

ホテルのルームキー

エレベーターは全部で2基。ルームキーを専用機器にかざすと宿泊階に泊まれるセキュリティ強化タイプです。部屋数は139室で中規模ホテルなので、2基で十分だと思うのですが速度が遅めなためタイミングによっては待ち時間が長く感じました。

デラックスクイーン(チェックイン17㎡)のルームツアー

客室階の廊下

今回私たちに割り当てられたのは22階の部屋。

デラックスクイーン室内

電気はついてなかったですが、窓が大きので明るいです。デラックスクイーンというゴージャスな室名ですが、『カンデオホテルズ大阪枚方』でもっともリーズナブルなお部屋です。

⚫︎寝室

デラックスクイーン ベッド

ベッドはシモンズ製で幅1600mmと2人で寝転んでも十分な大きさで固めの質感です。枕は柔らかいものが2つ。

館内着

ベッドの上には館内着。セパレートなっていて、大浴場と朝食会場であるレストランにも着用OKです。

館内着 着用

カンデオホテルのロゴマークが前後に入った黒色の館内着がかっこいい。腕や足も細すぎずゆったりサイズで着心地抜群です。高級感のある厚みのある生地で透け感はありません。しっかりしている分重みは感じます。

テレビで見られるホテル案内

テレビはベッドの正面で見やすい位置。大きさは推定で50インチほど、スパやランドリーの混雑状況を室内から見られるようになっています。YoutubeやNetflixなどの配信サービスが見られるスマートテレビです。

デラックスクイーン室内のベッドサイド

テレビや設備は最新のものですが、USBポートがないのは残念。いままで泊まったカンデオホテルズグループのホテルはどこもUSBポートがなかったので、何かしらホテルの理念があるのでしょう。

[貸し出し備品]
加湿機能付き空気清浄機, まくら(トルマリン、低反発), ズボンプレッサー, アイロン・アイロン台, 羊毛毛布, ワインオープナー, ワイングラス, 栓抜き, ソーイングセット, 爪切り, アイスノン, 体温計, 携帯充電器, 変換用プラグ, 電気スタンド,卓上ミラー

貸し出し品一覧の中にスマホ用のアダプタもなかったので、充電を考えているなら持参したほうがいいです。(今後貸し出される可能性もあります)

デラックスクイーン室内の窓際

部屋からの眺めが抜け感があって開放的。足元までの開口なので高所恐怖症の人は怖いかもしれない。窓際には小上がりソファー。ソファーから夜景を見ながら晩酌はオツなものです。

デラックスクイーン室内 電気ケトルとお茶類

ソファーの横の棚には電気ケトル(デロンギ製)とマグカップ、ドリップコーヒーとほうじ茶が2つずつ。

ミネラルウォーター

上段にミネラルウォーター、グラス、アイスピール

冷蔵庫

下段にはハイアールのミニ冷蔵と貴重品入れがありました。冷蔵庫のスイッチは入っていなかったので、冷やすものがあればスイッチを入れます。

⚫︎水回り

デラックスクイーン 室内からみた入り口

室内から出入り口を見たところです。なんとシャワー室はガラス張り。大浴場があるので使う人は少ないかもしれませんが、開放的なシャワータイムが楽しめそう。

スケルトンのシャワー室が恥ずかしい場合はロールカーテンが下ろせますのでご安心ください。

レインシャワー

天井にはレインシャワーが付いてます。

アメニティ

シャンプー、コンディショナー、ボディソープはカンデオオリジナル。イタリア製でシトラス系の爽やかな香り。大浴場も同じものが置いてあります。しっとりというよりはふんわりと仕上がります。

洗面所

洗面所はしきりのないオープンタイプ。歯ブラシセット、バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、ボディタオルとタオルは贅沢に使えます。

歯ブラシ

カンデオの歯ブラシは先端が極細でヘッドも小さく歯磨きしやすくて良いのですよ。

室内のドライヤー

ドライヤーはサロニア製。コンパクトだけど風量はそこそこあります。

大浴場用バッグ

大浴場へタオルや着替えを入れていくためのバックです。こちらは不織布の使い捨てなので持って帰ることもできます。色が高級感あります。

オープンタイプのクローゼットにはハンガーが8本もありました。ハンガーが多いのは何気にありがたい。着るものが多い冬でもハンガーに困ることはなさそう。

館内スリッパ

スリッパもデザイン性があって素敵。館内着同様で大浴場の他にもレストランへも履いていけます。

温水シャワー付きトイレ

トイレはガラス張りじゃなくて良かった。ちょっと音が気になる便器だったので、水は流しながら利用する人が多いんじゃないかな。

窓からの風景

デラックスクイーンルームは17㎡とけっして広くはないんですが、仕切りが少ないことと窓の外が開けているので実際よりも遥かに広く感じます。

ひと通り部屋を物色した後は、楽しみにしていたスカイスパへ向かいます。

眺め抜群!天空のスカイスパ

スカイスパは最上階の26階にあります。

スカイスパ利用時間
15:00〜翌11:00
▪︎サウナは2:00〜6:00は利用不可
▪︎オートロウリュは、15:30~翌10:30まで30分ごと

同じ階にランドリールームがあったので大浴場へ行く前に覗き見。ドラム式洗濯機が4台。料金は洗濯のみで400円(6kgまで)、乾燥機は80分600円、120分で700円、追加20分ごとに100円。

女性用大浴場に入るにはルームキーが必要なので忘れないようにしてください。赤い暖簾をくぐってすぐの右手側にルームキーをかざすところがあります。

脱衣ロッカーの数は24個くらい。ロッカーも脱衣所も少々狭めだったので人が多いと着替え待ちが起きます。

あとロッカーがダイヤル式になっていて使い慣れていない人が鍵をかけずに使っていたり、そのロッカーを別の人が間違えてロックしてしまったりと誤動作で鍵が開かないことが頻発しておりまして、3回大浴場を利用しましたが、その度に内線電話をかけてスタッフさんを呼ぶ人を見かけました。

部屋の貴重品入れが同じタイプのダイヤル鍵だったので、自信のない方は部屋で練習して行くといいかも。

画像出典:楽天トラベル

浴室は写真が撮れないので楽天トラベルの画像を借りてきました。浴室はブルーを基調にした大きな湯船が内と外に1つづつ

画像出典:楽天トラベル

露天風呂は前方に壁もガラスもなく開放感があり、屋根はあるので雨でも快適に入浴できます。お湯に浸かると風景と一体化するインフィニティ湯船で天空でお湯に浸かっているような気分を味わえます。

画像出典:楽天トラベル

室内の大浴場もガラス張りなので、こちらからも大パノラマを望めます。洗い場は6つと少なめなので、客室のテレビで大浴場の混み具合はしっかりチェックしてから大浴場へ向かったほうがいいかも。

画像出典:楽天トラベル

サウナは男女ともにドライサウナで30分ごとのオートロウリュウはアロマの蒸気が肌の深層に届いて体の中からよい香りを発しそう(願望)。温度は85度〜90度。

夕景を眺めながらのサウナでととのい放題。水風呂は16度ほどで程よい冷たさで熱った体をクールダウンしてくれます。給水機は脱衣所にありました。

外気浴できるイスは4つ。背もたが木製で肌触りは柔らかいですが、直角だったので、もう少し角度のあるイスを置いてもらえると嬉しいです。

あと、露天に出るドアが風圧でやたらと重い時間があって、外に出るのを諦める人もいたので、その辺はこれから改善されると嬉しいなと思いました。

脱衣所のドレッサーコーナーは6つ。オープン初日で混んでいたので待ち時間が発生するタイミングもありました。

スカイスパのアメニティシャンプー:コンディショナー、ボディソープ、洗顔、クレンジング、ローション、乳液(イタリア製)、クシ、コットン,綿棒、ヘアゴム

夜に京阪百貨店で半額のお惣菜を買いに行く以外はひたすらお風呂に入ってサウナで整ってのおこもりホテルステイ。今度はいつ泊まれるかわからないカンデオナイトを満喫しました。

夜景を眺めながら眠りにつけるのが幸せすぎるっっ

おやすみなさーい

天空のレストランで朝ごはん

朝ごはんを食べる前に朝風呂にはいるべく5時半に起床。普段はなかなか起きれないのにホテルに泊まると早朝でもぱっちり目が覚めるのが不思議。

朝食の前に大浴場でゆっくりとお湯に浸かりました。夜が開けて動き始める街並みを上から眺める気分は最高!高層ビルが密集する大阪の都心では味わえない気持ちよさです。この気分を味わうために枚方にホテルを建てたのかもって思ったりして。

謎の絶対感をゆっくりと味わいつつ、朝食開始時間の6:30を待ちます。フライング気味に朝食会場に行ったものの、すでに大勢の宿泊者が待っていてびっくり。ギリギリで窓際の席に着けました。

レストランの様子(前日の撮影)

前日に撮影させてもらった朝食会場の様子です。当然ですが窓際の席から埋まっていきます。

レストラン ビュッフェ台(前日撮影)

会場中央のテーブルにビュッフェのメニューが並びます。

サラダコーナー
季節の温野菜、スクランブルエッグ

このスクランブルエッグの卵の味が濃厚でふわふわ。この卵をご飯にかけてちょっとだけ醤油を垂らして食べたら美味しくて空も飛べました。

肉じゃが、麻婆炒め、焼き鳥
卵焼き、大根おろし、手作り豆腐と薬味

元は豆だったんだなって食べれる豆の味が濃い豆腐。食育にもなるんじゃないかなw

卵、釜炊きご飯、醤油色々

こだわりがあるであろう卵はもちろん美味しかったけど、醤油の種類の多さに圧倒されて、うっかり醤油をかけすぎてしまった。

中華粥、焼きそば、ペンネサラダ、オクラの和物

前日に飲みすぎた人には中華粥もありましたよ。

鯖の塩焼き

鯖(サバ)の塩焼きは肉厚でご飯泥棒です。

味噌汁、豚汁、カレー
4種のパン

パンは4種類。パンオショコラが不思議な食感で後を引く美味しさでした。

ヨーグルト、フルーツ、シリアル、ドリンク

ぶどうがあるのは珍しいですよね。ぶどう好きのビー玉夫はお皿いっぱいに盛り付けて嬉しそうに食べていました。好きなものを好きなだけというビュッフェを満喫してるなって感じで微笑ましい。

パンプティング

スイーツといえるのはこれだけかな。香ばしいプティングは大人の味です。

ドライフード

ドライフルーツが大好きなので、ずっとひまわりの種のかじってました。

定番のウインナーやハムもありました。手作りが豆腐が豆の味をしっかり感じられて美味しい。種類は多くはなかったですが、どれひとつとしてレトルト感のあるものはなく、ちゃんと手が入ってる丁寧な味がしました。

ビー玉夫はホテルから職場に直行、私は一度自宅に戻りたかったのでご飯をたべてすぐに荷造りして電車で帰ろうとしたんですけどね、京阪電車が事故で全線運転見合わせ。1時間で帰るはずが2時間もかかってしまい。朝早くホテルを出たのが無駄になってしまった。

どうせなら11時のチェックアウト時刻のギリギリまでホテルゆっくり過ごせばよかったぁああ

『カンデオホテルズ大阪枚方』近隣のおすすめスポット

ホテルから徒歩圏内のおすすめスポットの紹介です

ひらかたパーク

今は、ランドといえばディズニーランド、パークといえばUSJみたいになってますが、大阪の元祖パークといえば「ひらかたパーク(通称ひらパー)」です。
一度も中断することなく開園時から現在まで運営し続けている遊園地としては日本最古。京阪本線の枚方公園駅前に位置し、夏はプール、秋はイルミネーションや菊人形店、冬はスケートなど1年中楽しめる遊園地として地元民に親しまれています。2014年には枚方出身の岡田准一さん(俳優)が2代目「ひらパー兄さん」としてCMキャラクターに就任。

料金【1日券】入園券+フリーパス引換券
大人(中学生以上)4,800〜5,100円
小学生4,100〜4,300円
2歳〜未就学児2,900〜3,000円

前売りチケットやお得なセットチケットはアソビューで購入できます。

枚方くらわんか五六市

枚方宿は、江戸時代に京都と大阪を結ぶ京街道として始まり、東海道の延長として「56番目の宿場町」としても知られ、紀州徳川家などの大名が宿泊したことで知られます。古い街並みのところどころ残っていて散歩するだけでも楽しいです

そんな歴史ある枚方宿の街道で毎月第2日曜日に開催さている『「枚方宿くらわんか五六市』は、グルメ、雑貨、骨董、ハンドメイドなど多彩なお店が約200店舗の並び賑わいます。タイミングがあえば訪れてみてはいかがでしょうか?

ホテルからUSJや道頓堀など観光地までの所要時間

ホテルから目的地までの所用時間
目的地交通手段乗り換え回数所用時間(目安)
京都駅京阪
→近鉄
1回40分
大阪駅京阪
→JR
1回40分
ひらかたパーク徒歩
京阪

ひと駅
30分
18分
USJ京阪
→JR
2回50分
石清水八幡宮京阪
参道ケーブル
あり35分
平等院京阪1回50分

『』近郊の穴場駐車場

ホテル近くの格安駐車場情報です。私たち夫婦はバイクが主な交通手段なんですが、何気に停めるところに困るのがバイク。そんなバイク(自動二輪)用の駐車場も紹介します。

価格は時期によって変わるので、駐車する前に現地の看板にてお確かめください。

車の場合

『カンデオホテルズ大阪枚方』には敷地内があり13時から翌13時まで24時間2,200円で止めることができます。雨でも全く濡れることなく停めることができます。近隣駐車場価格に比べて特別高いわけではありません。

ただ、ホテルから徒歩3分くらいのところにもう少し安い駐車場もあります。

【タイムズ枚方市駅前】
住所 〒573-0032 大阪府枚方市岡東町26
収容台数 67台
24時間入出庫可
駐車料金 1,760円/24h
ホテルから徒歩3分

ホテルに近い出入り口(人のみ出入りできます)もあり、そこからなら徒歩1分ほどです。ほとんど濡れることなくホテルに到着できます。

【三井リパーク 枚方市駅東第2】
住所 大阪府枚方市川原町12ー1
収容台数 12台
24時間入出庫可
駐車料金 1100円/24h
ホテルから徒歩5分

もう少し歩いてもいいよという方は、【タイムズ枚方市駅前】の少し先にある【三井リパーク 枚方市駅東第2】は徒歩5分圏内だと最安値です。

バイク(自動二輪)の場合

枚方駅の周辺には原付バイクの駐輪場や一時利用のバイク駐車場はたくさんあるんですが、50cc以上のバイクを停めることができる駐車場(駐輪場)がとても少ないです。私たちが見つけてとめたのはホテルから徒歩9分の「枚方市営岡東町自動車駐車場 自動二輪専用」です。

24時間ではなく1日300円。夜中0時で加算されるので泊まりなら600円かかります。

『カンデオホテルズ大阪枚方』の下の駐車場にバイク置き場ができるようだったので、ステーションビルの営業が開始されたらもっと便利なるかも。価格などがわかれば記載します。

【枚方市営岡東町自動車駐車場 自動二輪専用】

『カンデオホテルズ大阪枚方』宿泊レビューまとめ

宿泊日2024年6月30日(日)〜7月1日 (月)
宿泊者 夫婦2人
デラックスクイーン(17m²)朝食付きで2人19,700円

『カンデオホテルズ大阪枚方』のよかった点
・部屋、スパからの展望の良さ
・ホテルとは思えない本格的なサウナがある
・朝食が美味しい
・駅近

『カンデオホテルズ大阪枚方』の残念だった点
・スパの扉が風圧で開きにくいときがある
・スパのロッカーの施錠がわかりにくい
・新しいホテルなのにUSBポートがない
・大阪、京都の観光地から遠い

大阪と京都の中間地点くらいで、観光地からは少し遠いですが、どちらも楽しみたいという場合は便利な立地かもしれません。

フロント、客室、スパ、レストラン、どこからも素晴らしい展望が望めます。周りの建物が低いので本当に天空から眺めているような展望は他では望めない絶景です。私が泊まったがグランドオープン日当日で宿泊者で混み合っていたので、スパの洗い場の数や脱衣所の狭さが気になりましたが、枚方というお土地柄、普段はそれほど混み合わずにゆったりした時間が過ごせるのはないかなと思います。

関西医科大学附属病院から近く、お見舞いや付き添いなどで利用する人が多いと思います。開放的なスパや客室は緊張感を和らげてくるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました