『御宿 野乃なんば』宿泊レビュー!都会の真ん中で静かな料亭のような雰囲気を味わえるホテル

なんば・心斎橋

大阪の眠らない街ミナミに和風旅館のような静かな佇まいで異彩を放っているドーミーイン系列の和風ホテル『天然温泉 花風の湯 御宿 野乃なんば』に泊まってきたのでレビューします。

世の仕事人や旅人を魅了し、全国に90店ちかくもあるドーミーインを泊まり歩く “ドーミニスト” という言葉を産んだ人気ホテルの実力を確かめてきました。結果、無料サービスと朝からいくらが食べ放題のおもてなしにグゥの音もでないほど感動しました。

こんにちは、月1〜2回のホテルステイを趣味とする関西大好き大阪在住のビー玉夫婦です。

ホテル近郊のおすすめスポット、格安駐車場情報も紹介します。大阪で宿を探している方の参考になると幸いです。

『天然温泉 花風の湯 御宿 野乃なんば』は大阪観光の最高立地で自宅のようにくつろぎたいと思ってるあなたにおすすめのホテルです。

『御宿野乃 大阪淀屋橋』の宿泊レビューはこちら↓

『天然温泉 花風の湯 御宿 野乃 なんば』の概要と宿泊費

天然温泉 花風の湯 御宿 野乃 なんば 概要
ラウンジ無料サービスコーヒー、お茶
大浴場温泉、サウナあり
館内着セパレート
朝食ビュッフェ
チェックイン/アウト15:00/11:00
駐車場バイク 1台無料
車 提携駐車場あり
最寄駅・近鉄・地下鉄堺筋線 日本橋駅(6番出口)より徒歩1分
・地下鉄御堂筋線 なんば駅(14番出口より)より徒歩6分
住所〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-4-18
TEL 06-6211-5489

本日の宿は『天然温泉 花風の湯 御宿 野乃なんば』、コンパクトツイン(18 m²)朝食付き 2人で14,000円

予約は楽天トラベル

ポイント8800円分貯まっていたので全部投入

『天然温泉 花風の湯 御宿 野乃 なんば(コンパクトツイン)』の宿泊費(2人分)
通常宿泊費(朝食付き)14,000円
楽天ポイント−8,800円
実質宿泊費 5,200円

私は楽天市場で買い物はあまりしないんですが、光熱費や食費、税金も払えるものは全部楽天のクレジットカードを使っているので、生活してるだけで宿泊費が貯まっていくのはありがたい。

▼宿泊料は時期によって変わるので各種サイトでご確認ください

大阪最大の繁華街ミナミにあって和風旅館のような静かな佇まい。温泉や夜泣きラーメンのおもてなしが嬉しいホテル

『天然温泉 花風の湯 御宿 野乃 なんば』宿泊レビュー

宿泊日 2022年8月27日(金)〜28日(土)
宿泊者 夫婦2人

仕事が終わってから20時ごろに到着。

夫が翌朝になんば駅付近で仕事だったので、仕事道具を抱えて大荷物での来宿。

『御宿 野乃なんば』は地下鉄堺筋線「日本橋駅」が最寄り駅なんですが、私たちは大阪の北部に住んでいるいて地下鉄(大阪メトロ)御堂筋線のほうが便利なので、地下鉄御堂筋線「なんば駅」でおりて徒歩でホテルに向かいました。

真っ直ぐ歩けば10分はかからないんですが、法善寺をのぞいたり商店街のお店を物色しながら歩いたので30分以上かかりやっと到着

商店街の路地を抜けると道路を挟んで真正面に見えてきました。遠くからみると普通の綺麗なビジネスホテルですが、近くまでいくと...。

「おおー!旅館やん」という風情のある佇まいにテンション急上昇。

入り口の暖簾をくぐるとさっきまでのミナミの喧騒はなかったかのように静かで落ち着いた和の世界が広がってました。

画像出典:御宿 野乃 なんば公式サイト

フロントの写真を撮りわすれちゃったので、公式サイトから借りてきました。

「御宿 野乃なんば」はフロントからみて左側に下駄箱があり、一番奥にラウンジ兼食堂が見えました。朝食会場もこのラウンジです。

ラウンジでは23時まではコーヒーやお茶などが自由に飲めます。

部屋のテーブルが小さかったので、買ってきたものをホテルで食べる場合は部屋ではなく、ラウンジで食べたほうがいいかもしれません。

チェックインを済ませて下駄箱に靴を入れると館内はすべて裸足で過ごせます。

ホテルの廊下や食堂を靴を履かずに過ごす体験は新鮮で非日常感があって良かったです。冬場は靴下の毛玉や穴にはご注意を。

部屋はコンパクトツイン18m²

ベッドは小上がりのようになっていて、布団とベッドの中間のような感じ。このベットの寝転ぶと天井が高く感じました。

それぞれのベットの枕元には電源コンセントとUSBポートが付いているのでスマホの充電も安心。

ソファもテーブルも全体に背が低いので狭さは感じませんでしたよ。

ただ、テーブルは小さな丸テーブルだけだったので、ワークスペースには不向き。

あくまでもくつろぐための部屋です。

冷蔵庫にはミネラルウォーターとラムネが2本づつ入っていました。暑い日だったので喉越しのよいライムネはありがたかったです。

温かみのある木のインテリア。アメニティは部屋に置かれていましたが、足りないものはフロントでもらえます。

【部屋に置かれていたアメニティ】
ボディソープ、ハンドソープ、部屋着、コットン、バスタオル、コーヒーセット、ミネラルウォーター、ボディタオル、シャンプー、リンス、消臭スプレー

【フロントに置かれているアメニティ】
ヘアブラシ、歯ブラシ、ヒゲソリ、綿棒、お茶セット
【大浴場に置かれているアメニティ】
洗顔料、化粧水、乳液

ドライヤーはパナソニック製。

私たちの部屋には湯船はなくシャワールームのみですが、トイレとは扉で仕切られているのでトイレットペーパーが湿気でシケシケになる心配がいならいのは好印象。

まぁ大浴場があるのでシャワーは使わなかったですけどねw

重くて大きい荷物を置いて一通り部屋を堪能したら1Fの食堂に向かいます。

夜泣きそばサービス

ドーミーイン系列の宿には21:30〜23:00までは夜泣きそばの無料サービスがあるんです。

この夜泣きそばと朝食を楽しみに宿を選んだといっても過言ではございません。

1Fの食堂にてスタッフさんが作ってくれるラーメンを受け取るシステム。すでに行列ができててラーメンを受け取りまでに10分くらいはかかりました。待ってる時間にもいいニオイがして期待が高まります。

この場で食べるか、部屋で食べるか聞かれたので部屋に持って帰って食べることもできるようです。私たちはその場でいただきました。

ラーメンはあっさりとした醤油味。

専門店で食べる本格的なものとは違うけど、非日常空間で食べる夜のラーメンはたまりません。

仕事終わりに夕飯も食べずに出かけたので空腹も最高にスパイスになりました。

ラーメンを食べたあとは夜のミナミの街をしばし散歩。夜のミナミは久しぶりすぎてワクワクします。

徒歩2分で道頓堀

ホテルから徒歩2分くらいに道頓堀の商店街の眩しいネオンが飛び込んできて「ここは大阪なんだ」と思い出させてくれます。

グリコの看板付近は夜でも全然人が多いですが

川沿いは空いててゆっくり散策できます。カップルだらけだったけどw

京都の河原といい、水辺って恋人たちを惹きつけるんでしょうか?

まぁ私たちもベテラン夫婦とはいえカップルなんですけどね。

夜中にたこ焼きが食べたくなったらここ

時間は11時近く、居酒屋さんなどはまだまだ営業されてますが、たこ焼きなど軽く食べられるお店は閉まってることが多いです。

夜中にたこ焼きを食べたくなったらこちらのお店がおすすめ♪

『あっちち本舗 道頓堀店』
住所:大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-19
電話:050-5868-5078
営業時間:(日~金・祝)9:00~翌2:00、(土・祝前)9:00~翌3:00
定休日:年中無休

なんと「あっちち本舗」さんは夜中3時まで営業してるんですよ。昼間は長蛇の列になってるけど夜はすいてて待ち時間なしでたこ焼きGET!

ソース、ソースマヨネーズ、醤油、醤油マヨネーズ、ポン酢がそれぞれ1人前500円

ソースマヨネーズと醤油マヨネーズ、ポン酢を購入して食べましたが、なんだかんだで定番のソースマヨネーズが一番美味しいと思ってしまうたこ焼き保守派のビー玉夫婦であります。

大阪のたこ焼きらしいふわふわトロトロのたこ焼きでございます。

ホテルに持ち帰って美味しくいただきました。

ソースの味が濃いのでビールと合いますね(*´꒳`*)

たこ焼きを食べて、しばらくテレビなどみてだらだらしてから大浴場へ向かいました。

『御宿 野乃なんば』さんでは大浴場にカゴを置いてくれているので旅館の雰囲気がでていいですね。

湯上がりにアイスが最高な大浴場

大浴場の営業時間
15:00~翌10:00
(サウナのみ深夜1:00~早朝5:00は利用休止)

夜ふかし派には嬉しい翌朝10:00まで夜中を通してお風呂に入れます。

大浴場の前にアイスがあって、お風呂上がりに15:00〜25:00はアイスが無料で頂けます。

湯上りのアイス最高(≧∇≦)

といいたいところなんですが、私たちの場合は25時(夜中1時)ギリギリだったので、お風呂に入るまえに慌ててアイスを食べるって感じになっちゃいましたけど(;´д`)トホホ…

もなか、チョコバニラ、カルピスアイスの3種類。私は迷わず大好きなもなか♪

アイスは小ぶりなのでお腹いっぱいでもあっという間に完食。

画像出典:楽天トラベル

お風呂の写真は撮れないので、楽天トラベルからお借りしてきました。

4人ぐらいが定員かなって感じの室内の大浴場と2〜3人が入れそうな岩風呂(露天ではなく窓があって外気がはいるタイプ)、あとサウナと水風呂がありました。女性用のサウナはミストサウナが多いんですが、ここでは本格的なドライサウナ。女湯に水風呂があるのも珍しいです。女性のサウナーさんには朗報ですよね。

サウナ+水風呂の動線も良かったですが、外気浴できるところに整い椅子がなかったのが残念でした。

お風呂はそれほど広くはありませんが、空いていて貸切状態だったので気持ちよかったです。

脱衣所も狭め。混み合う時間はドライヤー待ちができそう。

サラサラの水質でニオイもなく本当に温泉なのかな?って感じ疑っていましたが朝までホカホカだったので温泉成分、しっかり効いてました!すいません。

室内着はセパレートの作務衣。セパレートは着崩れなくていいですよね。

館内は室内着で移動できます。朝ごはんも室内着で食べている人が多かったです。

では、朝ごはんに思いをはせつつおやすみなさい。

いくら食べ放題の朝ごはん

朝ごはんは6:30〜9:00

朝ごはんの前に目と胃を覚ますために温泉に浸かりました。

昨夜アイスをいただいた大浴場前で、朝5時から10時まではピルクルのサービスがあります。ひとっ風呂浴びたあとにクイッと1杯で健康な1日が始まる予感(たぶん予感だけ)。

温泉に入っていい感じに目が覚めたので、朝一で1Fの食堂へ

朝食会場ではすでに行列ができてました。こういう時の朝食って間違がいなくレベル高いんですよ。期待が高まります。

朝ごはんの目玉はなんといってもいくらの食べ放題

ご飯は酢飯か白ごはんが選べます。個人的にはいくらには「白ごはん」が最適だと思っているので迷わず白ごはん。

ほかほか白飯にいくらたっぷり乗せて食べるとですね、豪華な卵ご飯のような風味になります。いつも寿司飯で食べてる方は意外性のある味になるんじゃないかと思います。

ほかほか白飯でも寿司飯でもどちらでも・・いや、食べ放題だし贅沢にどっちも試してみてください。

いくらとトロとしらす。好きなものが詰まった大人の宝箱✨

朝からゴージャスな活力をいただきました!

大好きな鴨もありました。

お惣菜は小鉢盛り。小鉢は10種類くらいはあったんじゃないかなぁ、どれも味が濃すぎず程よい味付けで朝にぴったり♪

揚げナスの味噌汁や茶碗蒸しの出汁が朝のまだ目覚めきれていない胃を優しくゆり起こしてくれるよう。

美味しい出汁のおかげで大好きないくらご飯を朝から3杯も食べられちゃいましたよ。

大阪名物みっくすじゅーすもバナナが効いた懐かしい味。ぜひ味わってもらいたいです。

チェックアウトは11時でしたが、夫が朝から仕事だってことで9時ごろにチェックアウト。

もう2-3泊したい居心地のよいお宿でした。

大阪最大の繁華街ミナミにあって和風旅館のような静かな佇まい。温泉や夜泣きラーメンのおもてなしが嬉しいホテル

ホテルから徒歩5分!大阪の台所「黒門市場」

『御宿 野乃なんば』はグリコ看板や巨大カニの看板が観光地となっている大阪ミナミ、道頓堀の商店街も近いですが、じつは大阪の台所と呼ばれる黒門市場にも近くて、徒歩で4分くらいで行けちゃいます。

この日は時間がなくていけなかったので過去の画像です。コロナ前だったので外国からの観光客で賑わってました。

大阪グルメのたこ焼きやお好み焼きはもちろん、魚介類や和牛など食べ歩きグルメ満載なので、時間のあるかは立ち寄ってはみてはいかがでしょうか?

京都の錦市場同様に観光客仕様で少々物価が高くなってるけど😱

「御宿 野乃 なんば」からUSJや道頓堀など観光地までの所要時間

ホテルから目的地までの所用時間
目的地交通手段乗り換え回数所用時間(目安)
黒門市場徒歩3分
なんば(グリコ看板)徒歩7分
日本橋(オタクロード)徒歩10分
通天閣大阪メトロ
(堺筋線)
なし23分
USJJR1回35分
京都大阪メトロ(堺筋線)

阪急(河原町行き)
1回60分
新大阪
(新幹線の駅)
大阪メトロ
(御堂筋線)
なし25分

『大阪楽遊パス』と『エンジョイエコカード』でお得に大阪観光

画像出典:klook公式サイトより

大阪を観光するのに持っていると絶対にお得なのが大阪観光局が発行する大阪楽遊パス

2,000円の大阪楽遊パスを購入すればお座敷船(観光クルーズ)や梅田スカイビルの展望台、通天閣などの大阪を代表する25以上の観光スポットが無料になります。電子パスなのでスマホを見せるだけでOK。

スカイビルの展望台が大人1,500円、通天閣が大人900円なので、たった2箇所まわれば元が取れてしまう大阪観光するならお得すぎるクーポンです。

ビー玉
ビー玉

『ベッセルインなんば』の周辺だけでも無料で楽しめるスポットがこれだけある
・WONDER CRUISE(ワンダークルーズ)1200円
・道頓堀ZAZAお笑いライブ 800円
・道頓堀ミュージアム並木座 600円
・とんぼりリバークルーズ 1200円
・上方浮世絵館 700円
・忍者トリックハウス(エディオンなんば本店)1000円

ホテル周辺だけでも余裕で元が取れます。

大阪周遊パスは1日利用の2,000円、2日間利用できる2,500円、大阪メトロが乗り放題になる2,800円があり、大阪メトロに乗れば楽しめるスポットはさらに増えますし観光範囲も広がります。ただ大阪メトロ乗り放題付きのクーポンを購入のは少々お待ちを!

土日祝やお子様がいる場合は大阪メトロが発行するエンジョイエコカードを駅の自販機で購入すると大人620円(子ども310円)で大阪メトロ全線と大阪シティバスが乗り放題になるので、2,000円の周遊パスとエンジョイエコカードとの組み合わせがお得です。

必要に応じて上手に利用して大阪を満喫してください。

2,000円の大阪楽遊パスの購入はこちら⇨klook(KLOOKアプリで初回予約の場合はさらに5%OFF)

「御宿 野乃 なんば」付近の格安の駐車場情報

『天然温泉 花風の湯 御宿 野乃 なんば』には提携の駐車場があるにはあるんですが、24時間2,500円となかなか高額。

ホテルのある付近は大阪一の繁華街なので周りの相場も安いところでも2,000円以上はするお土地柄。

ただ、少し歩くだけで格段に安くなります。

車の場合

私のおすすめは『タイムズ長堀橋南』駐車場

観光地からほど近いにかかわらず土日平日関係なく24時間で1500円。収容台数127台と大型の駐車場で出入りも激しいので停めやすいです。

ホテルからは徒歩6分
24時間 最大1500円(24時間入出庫可)

住所:大阪市中央区島之内1-20

バイクの場合

『大阪市長堀橋 自動二輪車駐車場』がおすすめです。

いつ行っても満車ってことがなく、停めやすいです。

ホテルからは徒歩10分
24時間 最大500円(24時間入出庫可)

住所:大阪府大阪市中央区南船場1丁目18

天然温泉 花風の湯 御宿 野乃なんば まとめ

宿泊日 2022年8月27日(金)〜28日(土)
宿泊者 夫婦2人
コンパクトツイン(18 m²)朝食付き 2人で14,000円(内8800円は楽天ポイント)

【良かった点】
・和風の温泉旅館風
・夜泣きそばやアイスなどの無料サービス充実
・館内を裸足で歩けてリラックス
・天然温泉がある
・本格的なサウナ
・いくらも食べ放題の美味しい朝食

【残念だったこと】
・大浴場の整い椅子が少なかったこと
・テレビがベッドから見にくい位置だった
・テーブルが小さく仕事はしにくい
・浴槽がある部屋が少ない

大阪の眠らない街ミナミの中心にあって、まるで異世界のような静けさのあるお宿でした。

大阪在住のビー玉夫婦にとっては近場で旅行気分を味わえてお得しかありません。特にいくら好きの方にとってはまさにパラダイスです。予約の際は朝ごはん必須で!

全館スリッパなしで歩けるのもリラックスできました。

ホテルから徒歩1分くらいのところにセブにレブンもあり、夕食やおつまみの調達に便利。

『天然温泉 花風の湯 御宿 野乃なんば』今回もよき宿でした。

大阪最大の繁華街ミナミにあって和風旅館のような静かな佇まい。温泉や夜泣きラーメンのおもてなしが嬉しいホテル

コメント

タイトルとURLをコピーしました